染元千紅の歴史

祖先

寺西治兵衛秀則

寺西紺屋三郎右衛門の租、寺西主馬伊安の義父。尾張国荒子の出身。本国は下総の国、千葉石見守。
元亀2年(1571) 信長の命により、江州(滋賀県南部)石部城主となる。
秀則の弟 清左衛門之政は、浅野長政に仕え、子孫は安芸広島藩士となったが、本能寺の変(1582)の後、 秀則は前田右馬(前田利家の伯父)の娘を娶り、利家の妹を妻とした弟 寺西九兵衛と共に、 前田利家(高徳公)に仕える(若狭を含め5千石)

秀則は、秀吉認可の茶人でもあり、号を宗與と称した。

娘の婿養子として寺西主馬伊安を迎える。慶長16年(1611)没

  • 子 孫七郎 信長公に仕え五千石、その後不詳
  • 子 冶右衛門秀勝 前田三郎四郎の娘を娶り若狭を加え七千石、
  • 子 孫は、奥村源左衛門の娘を娶り、小松城御家老、寛永18年(1618)没
  • 子 平六平衛 奥村宗旦の養子、子 三郎右衛門は治兵衛の養子に
  • 養子 三郎右衛門 千石、その子は二代目治兵衛となるも 断絶
  • 子 加助 900石 断絶
  • 娘5人 寺西主馬(婿養子)、その他はそれぞれ、加藤与八郎、生駒虎之助、 鶴見左門、瓜生七郎左衛門に嫁ぐ。

寺西主馬伊安

紺屋三郎右衛門の租。寺西治兵衛秀則(宗與)の婿養子で、鶴見左門の娘を後妻とする。

大小将番頭、後に物頭にて定番御馬廻頭となる(900石)。 万治3年(1660)没

  • 子 寺西主馬伊次 万治3年(1660)断絶
  • 子 寺西孫市(婿養子、堀三郎兵衛次男)

寺西 孫市

新知行500石御先筒頭。寛文10年(1670)没

  • 子 五郎左衛門伊清(150石配分)
  • 子 善兵衛(200石配分)
  • 子 豊左衛門(堀四郎二郎養子へ)
  • 子 勘左衛門伊信(150石配分)
  • 娘 大島甚兵衛へ

寺西 五郎左衛門伊清

幼名 彦右衛門。孫市より150石の配分を受けるが、早逝

  • 子 又八郎、子 弥市右衛門(御歩)

寺西 又八郎

加増80石 計230石 享保5年(1720)没

  • 子 新八郎正信

寺西 新八郎正信

享保9年(1724) 櫻田附御用人となり、加増50石 計280石。延享2年(1745)74歳で没

  • 子 清大夫伊教
  • 子 隼男(増木伴七養子へ)

寺西 清大夫伊教

服部久左衛門養女を妻とし、享保9年(1724) 新番に。元文4年(1739)40歳で没

  • 子 藤右衛門正盛
  • 娘 佐々久馬に嫁ぐ

寺西 藤右衛門正盛

幼名 勘十郎勝左衛門。大小将 280石。宝暦9年(1759)表小将に。明和1年(1764)31歳で没

  • 子 弥右衛門正信(婿養子、芝山政太夫次男)

寺西 弥右衛門正信

大小将 天明7年(1787)横目 文化13年(1816)没

  • 子 新八篤成

紺屋としてのはじまり

寺西 新八篤成(初代)

寺西 治兵衛秀則から9代目。

文政1年(1818) 御馬廻(280石) 後に絵師となる

元は加賀藩の染の仕事を発注する側の武士であったが、片町紺屋治右衛門、千日町紺屋長兵衛 との親交のもと、作る側に転向し、前田家を始め重臣の染の御用を承る紺屋を創業

安政年間(1854~1859)頃(詳細不詳) 没。

2代紺屋三郎右衛門

没年等詳細は不詳。

3代紺屋三郎右衛門

紺屋三郎右衛門、親戚の紺屋長兵衛、紺屋冶右衛門の指導を受け、紺屋三郎右衛門を継承。

文政11年(1828) 公儀町(高儀町)の屋敷の隣(元車町)で、染め工場を開業
苗字帯刀を許された、大規模な加賀藩ご用紺屋となる。

表紺屋 (手描き友禅染)として、多数の職人や用心棒もいたという。
明治13年(1869)没 (生年不詳)

4代紺屋三郎右衛門(紺三)

幼名太三郎。明治に入り、屋号を紺三とする。天保13年(1842年)生まれ。
明治36年(1903) 没、59歳

近代~現代

5代紺屋三郎右衛門(紺三)

幼名半三郎。明治14年(1881年)生まれ。昭和16年(1941)没、60歳。

本業の表紺屋(手描き友禅染色)のほか、プリント染色を始める。
多くの模様師、染色職人を育成。明治末、松任町博労町(現白山市)に移転

6代紺屋三郎右衛門(紺三)

幼名太一。大正2年(1913) 松任町博労町(現白山市)生れ。
昭和 5年 京都染匠工場、伊勢丹図案部、等で修行。日本画院展入選。 昭和15年には(1840)満州中国徴兵されるが、昭和21年(1946)に復員。

昭和38年、松任博労町より金沢長町に移転し、昭和45年に加賀友禅染色団地開業と共に、工場を移転。
県伝統産業功労賞受賞(昭和57年)、伝統工芸士(昭和63年)、 勲六等瑞宝章受章(平成13年)を受賞。


妻 照子
(西本の娘)は、 金沢第二高女卒後、絵が好きで紺屋に嫁ぎ、
戦時中は、職人を使い紺屋(友禅染)を営業、戦後、誂え友禅の図案・デザインを統括

(7代紺屋)寺西一紘(いっこう)

6代紺屋三郎右衛門(紺三)の長子。昭和15年金沢市生まれ。現本名は寺西一紘(かつひろ)。

幼き頃より染元家業を手伝うが、大学卒業後、東京の企業に勤める。

昭和47年に金沢に戻り、染元千紅を継承。昭和48年に(株)加賀友禅工芸会を設立し、現在に至る。

詳細は、別ページの「作家 寺西一紘」のページにて