染元関連概要

長町友禅館でお取り扱いをしている加賀友禅の染物は、 基本的に染元千紅で制作されており、そのデザインは、有限会社千紅の代表者 であり加賀友禅作家の寺西一紘が手掛けております。

その歴史は古く、現在では、唯一の江戸時代の紺屋棟取より伝統を受け継ぐ染元になって しまいました。

染元 千紅

手描き加賀友禅の染元として、デザイン工房は金沢の長町友禅館の館内にございます。

紺屋三郎右衛門図案帳より

創業は、江戸時代(文政年間頃)
加賀藩の御用紺屋で、名字帯刀を許された「紺屋三郎右衛門」が前身です。

江戸~明治時代、紺屋三郎右衛門の屋敷は公儀町(高儀町)に、染工場は犀川河畔の元車町にあり、 工場には関取の用心棒もいたとのこと。お姫様の婚礼時には、犀川の河原に何日も、供廻りの衣装を含めて、 にぎやかに反物が張られていたとのことです。(寺西太三郎(四代目紺屋三郎右衛門)口述)

※別ページにて、染元千紅に伝わる江戸時代の図案帳 の中のいくつかの図案を紹介しています

明治の末には、屋号を紺三と改め、松任町に移転。加賀友禅の模様師で人間国宝であった故 木村雨山氏に、 染元千紅の作家 寺西一紘が伺った話によれば、戦前、寺西一紘の祖父である5代目紺屋三郎右衛門によく東京の デパートによく連れて行ってもらったこと、その頃の半分以上は紺三(現千紅)の仕事だったそうです。

昭和39年には金沢の長町に移転し、千紅と改号。昭和50年に、寺西一紘が作家となり、平成15年には現在の 長町友禅館に工房が統合されました。

江戸時代からの歴史については、別ページの年表をご覧ください。

作家 寺西一紘

彩筆庵

長町友禅館の前身-彩筆庵

染元の有限会社千紅の代表である寺西一紘は、長町友禅館を運営する、 株式会社加賀友禅工芸会の代表取締役でもあり、昭和48年には、長町友禅館の前身である 「彩筆庵」を長町武家屋敷跡に設立しました(平成15年に統合)。

寺西一紘のプロフィールは、別ページをご覧ください。


紺屋としては7代目となりますが、その祖先は古く、記録があるのは 寺西主馬伊安(900石 大小将番頭後に御馬廻頭)の頃より。 主馬の義父は、寺西治兵衛秀則(三河出身)で、信長の命により、石部城主となり、 後に前田右馬委(前田利家の伯父)の娘を娶り、利家の妹を妻とした叔父の寺西九兵衛秀則と共に、 前田利家に仕えていた(5千石)とのことです。

祖先の歴史についても、 別ページの年表をご参照ください。

加賀友禅のお手入れになどについて

きものを着装のした後は、袖口や裾の汚れをふき取り、陰干しをしてから、 きちんとたたんで湿気の少ないところへ収納しましょう。

きものの着装やお手入れは、実際のところ大変ですが、着物のたたみ方を覚えることによって、 物を大切にする心を思い起こすことができるのではないでしょうか。使い捨ての商品が多い中、 自らの手入れや後始末が必要な着物文化は、心を大切にする和文化の象徴かも知れません。

別ページにて、加賀友禅のきものの選び方やお手入れ方法 についてご紹介していますので、ご参照ください。