江戸時代の図案帳

紺屋三良右衛門の証

紺屋三良右衛門の印 サイン

江戸時代の紺屋棟取りより伝統を受け継ぐ唯一の染元である千紅には、当時、紺屋三良右衛門の名で 金沢の元車町で御染元所として営業していた際の資料が残されています。
右はその証として用いられていた、サインと印です。

紺屋三良右衛門の図案帳

こちらでは、紺屋三良右衛門の、江戸時代に描かれた図案帳の一部をご紹介します。
この他のものも含めて、長町友禅館に実物を展示していますので、金沢にお越しの際には、 ぜひ本物を直接ご覧ください。

図案3 図案2 図案1
図案4 図案5 図案6